安田明玄 Myougen Yasuda
京都仏像彫刻家協会 副会長

13歳(中学1年)で仏師・松本明慶師と出逢い仏像彫刻を始める。
1974年に京都市の日吉ケ丘美術工芸科高校の彫刻科を卒業と同時に正式に入門し、明慶師の一番弟子となる。
1996年には滋賀県大津市の琵琶湖湖畔の現在地に転居し工房を構える。
「恵まれた自然環境の中で仏像が彫れる。それは例えようもない至福の時間です」と語る明玄氏。雑木林に囲まれ、野鳥のさえずりや朝夕のひぐらしの大合唱を聴き、四季を体感しながら自然体で仏像と向き合う。如来や観音像を好む明玄氏の作品には、仏像特有の威厳はもとより、その表情には親しみや気品、上品さが伝わってくる。「在家の方にももっと仏像に触れてほしい」、氏の願いである。

1956年 京都市生まれ AB型
13歳の頃、仏師・松本明慶師と出逢い仏像彫刻を始める。
1974年 京都市立 日吉ヶ丘美術工芸科高校 彫刻科を卒業。
同年 松本明慶師に正式に入門 一番弟子となる。
1980年 師より「明玄」号を授かる。
1981年 四国徳島 最明寺「不動明王座像」製作
1995年 滋賀県志賀町南小松に転居 現在に至る。
2005年 第57回・滋賀県美術展覧会「菩薩立像」入選
2006年 第四十五回・京都仏像彫刻展に於いて中外日報賞受賞(阿弥陀如来立像)
2007年 滋賀県技能者表彰「おうみの名工」受賞
2009年 東京日本橋 高島屋にて初の個展開催
2012年 東京日本橋 高島屋にて個展開催
2013年 愛媛県 石鎚神社・成就社遥拝殿「役の行者像」製作
千葉県船橋市 石動山・明王院「大日如来像」「不動明王像」製作
2014年 2尺空海像・覚鑁像 彩色(明王院)・2尺空海像(万正寺)
降三世明王 2尺(最明寺)
普賢菩薩 7寸 彩色・截金
2015年 軍荼利明王 2尺(最明寺)
香合仏
2016年 釈迦如来坐像 3尺 総金箔 截金仕上げ
地蔵菩薩 観音菩薩  香合仏など
2017年 三尺 11面千手観音坐像 完成(明王院)
2018年 大威徳明王 二尺 完成(四国 最明寺)
金剛夜叉明王 二尺 完成(四国 最明寺)
2019年 釈迦如来 1尺四寸 総金箔仕上げ
釈迦如来 1尺四寸 截金仕上げ
4月 ドバイアートフェアに出展
ドバイで仏像がアートとして高く評価される
2022年 4月6日〜12日(火)
東京日本橋高島屋 6階 美術画廊にて個展開催予定です。