【仏像の開眼】

8434A2AB-AD13-436D-BB29-085F5CE293C8

仏像の開眼はとても緊張します。

良い日を選んで、神棚に祝詞をあげて、塗香をつけて、線香を焚いて頑張ります。

開眼の見本は、截金を教えていただいた時に

まや先生に入れていただいた、阿弥陀様の眼を参考にしています。

先生はさっさと入れられたのですが、ちゃんと眼が入っています。

初めは何時間もかかりました。

今でもかなり苦労します。

仏像は木で作っているので、木の木目は縦に通っています。

それで、

目の瞼の部分は、木口なのでちょっと筆に墨がつきすぎると、さーと木口の木目を通って墨が入っていきます。

檜の仏像だともうそれで、大変な事になります。

筆に少しだけ墨を含ませカスカスにして少しづつ描いていきます。

アイラインは特に大事で、女性だったらわかりますよね😊😊

しっかり入れると、眼力が違います。

このアイラインが、木口なのでとっても怖いのです。

眉も右利きなので右はスッとかけますが、左は反対なのでとっても難しいです。