覚鑁像

覚鑁は、平安時代後期の真言宗の僧で、真言宗中興の祖にして新義真言宗始祖です。
平安時代後期の朝野に勃興していた法然らの念仏思想を、真言教学においていかに捉えるかを理論化した「密厳浄土」思想を唱え、「密教的浄土教」を大成しました。

IMG_2769

IMG_2770

IMG_2654