截金(きりかね)

截金は、7世紀の飛鳥時代に大陸より仏像彫刻や仏画とともに、日本に伝来したと言われています。法隆寺の玉虫厨子に 菱の箔が施されており現存する現存するもっとも古い截金の作品とされています。

奈良時代の東大寺の四天王像の截金、天平文化の開花とともに定着し、日本独特の美意識探求により平安時代に活躍した定朝や鎌倉時代に活躍した運慶・快慶の仏像彫刻の成熟期に截金も黄金期を迎えます。

現在では截金は日本でのみ継承されている貴重な伝統技法になっています。
(一部、松久まや著「截金」より抜粋)

截金の技法は多岐にわたるのですが、簡単に言えば金箔を数枚貼り合わせ、竹の刀で細く切って、細く切った箔を筆に取り、糊で貼り付けて模様を作っていきます。

細く切った箔が建て横斜めと交差することにより美しい模様が出来上がるのです。
また 細く切った箔を菱や四角に切りそれを糊で貼り合わせて様々な模様を作っていきます。その作業が単純でいて奥が深く金やプラチナが織りなす世界がそこはかとなく美しく仏像を包み彩っています。

きりかね